<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


毎日の楽しみ

毎日妻から泰介の写真がメールで送られてきます
e0139312_1003917.jpg
男らしい顔になってきました
恥ずかしい話ですがかわいいです(笑)
女の子と男の子はまた違いますね
男の子の場合は仲間っていうか、
同士とでも言おうか、
そんな感じですね
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-26 09:57

会議

今日は関西PGCの会議です
e0139312_9531542.jpg
僕が担当しているプロジェクトもいよいよ後半
いろいろと詰めていく状況になってきました
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-25 14:52

兄のような存在

ご存知の方も多いと思いますが、
僕は静岡のフォトスタヂオコイズミというところで
2年半お世話になっておりました
加古川に戻る前に久々に元上司と飲みに行きました
e0139312_17484686.jpg
2人で飲むのは何年振りでしょうか。。。本当に久しぶりですね
上司は今や業界のトップを走る方です
そんな上司ですが、僕のことはあの頃と変わらず
弟のように接してくれています
本当にありがたいです
静岡の修業先では本当にいろんな人に支えられていました
それは年月の経過につれて深く思います
それでも僕が職場にいた頃は
周りの皆さんがどれだけ支えてくれていたかも考えず
自分のことばかり考えて突っ走っていたように思います
なんであの時は気付かなかったのか、
気付けなかったのか、本当に悔やまれます
あの時話せなくて今だから話せることもあれば、
逆に今ではとても発言できないことを
あの頃は何も考えず平気で発言してたな〜、
と時間を忘れていろいろお話させていただきました
やはり僕は人に恵まれていますね
よしたかチーフ、また誘いますんで一緒に飲んでください!
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-18 20:46

静岡へ 3日目

静岡滞在最終日です
e0139312_15263379.jpg

午前中は泰介の出生届を提出に静岡市役所に行ってきました
e0139312_15281496.jpg

恵のときはお義父さんにお願いしたんですが
今回は僕が行けました
父親として出生届を提出できるのは幸せなことですね
その後時間が空いたので妻行きつけの美容院で髪を切ってもらい
家でまったりしました
e0139312_15313345.jpg
午後に昨日と同じく沐浴
e0139312_153219.jpg
e0139312_15325289.jpg
e0139312_15323318.jpg
今日からまた1ヶ月ほどお別れです
1ヶ月経ったらまた変わってるんでしょうね〜
e0139312_1534595.jpg
それまで元気でな!
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-18 15:23

静岡へ その2

2日目です
今日は泰介の沐浴に挑戦です
かなり緊張しました
なんせこんなに小ちゃくて手足なんかめちゃくちゃ細い!
e0139312_44429.jpg
e0139312_4462273.jpg
左手1本で持ってるこの感覚!
e0139312_4463675.jpg

怖い!
e0139312_4471222.jpg
沐浴が終わったらミルク
今回も母乳とミルクでいく予定です
一昨日書いた命名紙も持ってきました
e0139312_4523115.jpg
やはり「介」の字が窮屈そうですね(笑)
でも気に入ってます
e0139312_4523945.jpg

[PR]

by akemi-photo | 2013-04-17 15:35

静岡へ

怒濤の一週間が終わり、ようやく時間が作れたので
今日から静岡へ行ってきます
e0139312_16572360.jpg

今日はいいですよね
なんせプレミアムな日ですから
静岡の実家に着いたら恵がおばあちゃんにおんぶされ
出迎えてくれました
泰介と妻は産婦人科からまだ戻ってませんでした
おばちゃんは何となくですが疲れが出ていました
無理もないですよね
今まで恵は妻と一緒に寝てたのに
泰介の出産で入院中は急に慣れないおじいちゃん、おばあちゃんと
寝ないといけなくなったわけですから
ご両親もさぞ気を揉んだことでしょう
5日間も恵の世話をしてくれたご両親には本当に感謝です
とりあえず恵と近くの公園へ
e0139312_1881530.jpg
ほんの1ヶ月ですが大きくなりましたね

夕方無事退院
e0139312_1893468.jpg
ここからは親バカ写真アップします(笑)
e0139312_18101351.jpg
e0139312_18105014.jpg
e0139312_181168.jpg
かわいずぎる!!
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-16 16:38

命名

今日は命名の日です
将来子供に見せても恥ずかしくないように
たくさん練習しました(笑)
e0139312_17223827.jpg


で、本番
硯で墨を作りながら精神集中
e0139312_1724661.jpg
日が変わるころようやく筆入れしました!
e0139312_17231830.jpg
命名『泰介』
「泰」の字が大きすぎて「介」の字が広がりすぎてしまった。。。
しかも枠からちょびっとはみ出てるし、、、

まあ枠からはみ出るような元気にな子に育つことを祈って(笑)

男の子やったら僕のおじいちゃんである
「修介」から一字「介」の字を頂く予定でした
あとは僕の名前が「真平」で物心ついた頃から
「しんぺい、しんぺい」と友達に呼ばれてきました
おそらく呼びやすかったんでしょう
親もこの名前を選んだ理由は響きが良かったからだそうです
それは僕も同じ考えで響きが良くて下の名前で呼びたくなるような名前
いろいろ候補は挙がりましたが
「たいすけ」
響き、画数を見て
「泰介」
「泰」にはおおらかなとか泰平、安泰、に使われています
おじいちゃんは優しくてとても紳士な人間だったそうで
産声が優しかったのはおじいちゃんのDNAがきっと入っていたんでしょう

おじいちゃんの名前を使う=アケミ写真館4代目誕生かって?
本音を言えば僕が引き継いできたことを
受け継いでくれるのは嬉しいんですが
強要することはないでしょう
それは僕ら夫婦の約束にしています
僕は小さい頃から事あるごとに祖母から
「あんたは写真館の3代目」とずっと言われ続けて
物心ついた頃からなんとなくぼんやりとですが
将来はこの仕事をするんやな、と思ってました
もちろん祖母の言葉が嫌になったこともあります
ですから何か自分の中で衝撃的な出来事があって
この世界に入ろうと決心したわけではありません
だから泰介には自分で仕事を決めてほしいと思っています
泰介が写真の仕事をやるかどうかは僕らしだい
僕らが毎日どう過ごしているか、
どんな気持ちで仕事と向き合っているかを
一番近くで見ていたらきっと分かるでしょう

今年75周年を迎え、僕も実家に戻って8年、この世界に入って13年目
ようやくこの仕事の魅力が分かってきたところです
僕の夢は子供の将来の夢になること
写真館の仕事は大変ですが、それ以上にやりがいのある誇れる仕事です
写真館の仕事を泰介が継ぎたくなるような
また泰介の周りの友達から羨ましがられるような
魅力的な仕事にしていくのが僕の使命です
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-15 23:08

かわいい弟

一夜明けた息子です
e0139312_17145573.jpg
昨日に比べて幾分スッキリしてますかね?
e0139312_17154967.jpg
恵はもうお姉ちゃん気分ですね
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-10 13:13

お姉ちゃんになった恵

その後妻の実家のご両親が恵を連れてご対面
e0139312_17444328.jpg
恐る恐る赤ちゃんに触れる恵です
e0139312_17464633.jpg

不思議な感じなんでしょうね
それにしてもおじいちゃんと恵似てんな〜(笑)

確か恵は出産直後に中指立ててたんですよね、、、(笑)
今回はというと、、、
e0139312_17471560.jpg
もう指吸ってます(笑)
あまえんぼうってことでしょうか??
誰に似たのか。。。苦笑

言っておきますが、僕はあまえんぼうではありませんからね(笑)
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-09 20:42

長い1日 その4

恐る恐る電話してみたら嫁が「産まれたよ〜...」


そうか!

1人でよく頑張ったな!

立ち会えんですまんかったな!

ありがとう!

もう何も話さんでええから、ゆっくり休めよ!


手短に電話を終えました
出産という女にとっての大仕事を無事終えた嫁の声は
疲労感と達成感に満ち溢れた声でした
電話を終えた僕は
まだ信じられないという興奮と
嫁の元気な声と電話の奥の赤ちゃんの泣き声で
ホッとしたような安堵感が入り交じったような
ちょっとしたパニック状態でした

恵の出産のときは立ち会えたんですが
陣痛に苦しむ嫁に何もしてあげられない僕は
男の無力感を痛感しました
それでも嫁は僕が傍にいてくれたことが
どれだけ心強かったかを後で話してくれました
こんな僕でも傍にいるだけで
嫁が少しは救われるのなら立ち会ってあげたい、と思って
今回も立ち会うつもりでいましたが
今回は叶いませんでした

もう一度メールの写真を見て
あんな大変なことを嫁1人でさせてしまった
今回も僕は何もしてやれなかった
というちょっとした罪悪感と、
それでも産まれてくる赤ちゃんの生命力に
感動して涙が出てきました
嫁は出産というあんな大変なことをたった1人で成し遂げたんです
やっぱり女は強い!
e0139312_18181058.jpg

行けなくなった電話をした直後に産まれてきたので
赤ちゃんはギリギリまで僕のことを待ってくれた、
と嫁は言ってくれました
最後の電話をきるときに
「いたたたた、、、、陣痛きた、、、」
といって電話を終えたんで
僕が行けないと分かった瞬間に
お腹の赤ちゃんは決心したんでしょうか
それが本当だとしたら、強い子ですよね

赤ちゃんは3010gの元気な男の子です
嫁が聞いた産声は女の子のように優しい泣き声だったそうです
ギリギリまで僕が来ることを信じていながら
最後は自分の力でこの世に産まれてきたんです
さぞ心細かったでしょうね
これからしっかり守っていかなければいけませんね
[PR]

by akemi-photo | 2013-04-09 18:17
line

アケミ写真館の3代目による自由奔放な日記


by akemi-photo
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30