<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


流れ星?

最近僕は夜に散歩してます。
実は今年の夏に全国の写真屋さんの集まりで富士山に登ることになり、そのために少しずつですが体を慣らしていこうと思って始めました。
最初は面倒くさかったんですが最近は日課になり、結構楽しんで散歩してます。
30~40分くらい歩きますが、考えごとするにはちょうどええ時間です。
それで昨日はもうすぐ家に着くってときに西のほうに
「ヒューン!!?」
めっちゃ速く光った物体を発見しました。あれ絶対流れ星やと思うんですよね。
そのすぐあとに通行人とすれ違ったときに「さっき流れ星が...。」みたいな会話をしとったんで絶対間違いないです。
でも流れ星を見つけたらお願い事をせなあかんってよく言うけど
「アッ!!??」って言ううちに消えてまいますからね~。
「人」の「夢」と書いて「儚い」って書きますけど、まさに一瞬のうちに消えていった流れ星のようなもんです。あれこれ欲張ってお願いするより「そのうちええことあるかも?」と楽観的に思ってるほうが人生楽しいですよね。
うーん、それにしても運がええな。
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-31 20:10

東洋大姫路ベスト8進出

昨日は東洋大姫路のベスト8をかけての試合でした。
仕事中もふと時間を見ては気になってしゃーない感じでした。
店を閉めて猛ダッシュで家に帰り、録画していた東洋大の試合をお酒を呑みながら見ました。白熱の投手戦の結果1-0で東洋大姫路の勝利!!しかも決勝点を決めたのは僕の母校出身の生徒でした。もう嬉しくて嬉しくて。次の試合も持てる力を十分に出して頑張ってほしいです。
頑張れ!東洋大姫路!!
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-30 10:53

愛車の冬眠

僕の愛車が動かなくなりました。冬眠してもてなかなか目覚めてくれません。
今のバイクは古いバイクなんですが、冬の間なかなか乗る機会がなく、おまけに今年の冬は寒かったので乗る機会がさらに遠のき、長い冬眠生活に入ってしまいました。古いバイクは最新のデザインとは違い、なんともいえない雰囲気がありますが、その分手間がかかります。このようにちょっとの間放ったらかしにしとったらすぐスネて動かんくなってしまいます。それでも10日に1回くらいはエンジンをかけよったんですが、やっぱりそれやったらあきませんわ。ちゃんと乗らんと。
e0139312_17524455.jpg

というわけで、近所のバイク修理のおっちゃんのとこまで重い愛車を押していきました。
e0139312_17541526.jpg

昔はバッテリーあがってしまっても押しがけでなんとかエンジンをかけよったんですがこのとうりオッチャンになってしもたんで押す体力もありません...
バイクは乗っとったら快適なんですけど、トラブル発生したらお手上げです。
しかも僕はこのバイクをよくガス欠させてます(笑)
8年乗ってますがまだ意思疎通が出来てません。
う〜ん、バイク乗り失格かも...
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-28 16:55

祝 松井選手結婚

皆さん、ニュース見ました?!
ヤンキースの松井選手がついに結婚されます!!!!おめでとうございます!!
今でもハッキリ覚えていますが、僕が中学校のとき松井選手は石川県の星陵高校に在学中で僕のスターみたいな存在でした。僕にその頃の高校野球を語らせたらウザイですよ~(笑)
松井選手が1年生の頃から4番やったことや、春の選抜で2打席連続ホームランを放ったこと、夏の選手権で記憶に残る5打席連続敬遠されたことなど僕の中学生活は星陵高校と共に歩んできたもんです。高校時代と巨人時代と今のヤンキース時代のバットの構え方の違いなど. . .
僕の中では松井選手が海外に行こうと星陵高校時代のままです。いつか星陵高校に行って現在総監督をされてる名将山下監督にお逢いして星陵高校の野球帽を買ってにサインをして欲しいんですよね~。ほら、うっとおしくなってきたでしょ?
松井選手を尊敬するところはたくさんありますが、一番は「努力家」というところです。
世間では「天才」とか言われていますがみんなの目に見えないところで松井選手は努力されています。今後もさらなるご活躍を期待します。
っておまえに松井選手の何がわかんねんって感じですけど(笑)
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-27 20:07

甲子園に春がやってきました。

ついに、選抜高校野球が始まりました!!
兵庫県代表の東洋大姫路には卒業アルバム担当の中学校からの卒業生が入学しています。もう楽しみで楽しみで、うずうずしています。東洋大姫路の試合のときは仕事なんで録画して観るつもりです。東洋大姫路にはもちろん頑張ってほしいんですが、なによりも出場校全てが高校生らしく、悔いのない試合してくれることを期待します。
それにしても皆さん、高校球児が自分より年下になったとき、やけに大人になった感じがしませんでした?
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-22 20:33

彼岸の災難

お墓参りに行ってきました。
お墓の敷地内にちょっとした低い屋根がある水道があります。
バケツに水を入れるためにそこへ入ろうとしたとき、
「ゴンッ!」  「痛ッ!」 頭を打ちました。
あれ結構痛いんですよねー、皆さんも経験あると思うんですけど。
頭をなでながらバケツに水を入れて、そこの水道を出ようとしたとき、
「ゴンッ!」  「痛ッ!」 また頭を打ちました。これで2回目。
両手に水が入ったバケツ持っとるし、この怒りをどこにぶつけたらええんか. . .
お墓参りを済まして、バケツを返そうと例の水道の場所に戻ってきました。
「今度は絶対打たへんぞぉ」と用心深く、それこそ最初より大げさにくぐって、水道の所にバケツを戻しました。
「あとはもう一回用心深く潜ったらええな」と思った矢先に顔の前に虫が
「ブゥ~ん」って飛んできてそれをよけようとしたら
「ゴチンッ!」と一番強烈に頭を打ちました。悲惨です。
も~虫にも腹立つし、屋根にも腹立つし、「ぬぉ~!!」って感じです。
結局同じ場所で3回も頭を打ってしまいました。
誰もいないお墓で一人水道の屋根と格闘したお彼岸でした
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-21 21:18

映画鑑賞

昨日、久しぶりに映画を観ました。
両親が知人と夕食に出かけたのでテレビをひとり占めして大好物のベビースターを食べながら観ました。
「善き人のためのソナタ」っていう映画で、東西に分かれていた頃のドイツの話です。
東ドイツの情報を西ドイツに流そうとする要注意人物を24時間体制で監視するという、まーその時代ならではの話なんですけど、主人公が監視していくうちにその人物の人柄と国の命令との間で葛藤していく様子を切実に描いた作品でした。最後の終わり方もヒューマン映画っぽい終わり方でいい映画でした。
僕はこーいうヒューマンタッチの映画がすごい好きなんですよ。
今朝が早起きやったんとドイツ語っていうのが重なって途中3分くらい寝てしもたり、そんなときに限って懐かしい友達から電話があったりで、その度に巻き戻してなんとか観ました。
僕の持論ですが、「写真」という芸術の仕事をやってるからには常に感受性を養っておくのが大切やと思ってます。キレイな景色を観て感動したり、おいしいもん食べて感動したり、まーなんでもええんですけど。今回の映画もそういう意味ではいい映画でした。

しっかし、座イスに座ってベビースターを食べながらの映画鑑賞はサイコーです。
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-18 20:41

鹿児島の姉ちゃんへ

先日、鹿児島の知り合いから無事男の子を出産したという報告をうけました。
まずもっておめでとうございます。
その人は大学時代に福岡でアルバイトしとったときからの知り合いで、僕の友人というか先輩というか、年は一つ上やねんけど、ま~なんでも話せる姉ちゃんみたいな人です。
鹿児島出身ということで酒が強く、男っぽい性格なんで話しとってもおもしろい人です。
就職で福岡を離れてからも年に1回ぐらいは目的もなくダラダラと長電話をしたような気がします。
その人がママになったということなんですけど、
う~ん... あの人がママね~... ミルクに酒混ぜへんかな(笑)

その人とお酒の席で酔った勢いで「よし、俺が結婚式の撮影したる!」って言ってしまい、またその人がその約束ホンマに覚えとったんで去年福岡で結婚披露パーティーみたいなんに呼ばれて、約束ですから出張撮影してきました。久しぶりのご対面が新婦さんとカメラマンですよ、
も~最初笑ってもて、またその人が新郎さんに比べて背が低いんで20センチくらいあるんちゃうかっていうくらいのヒールを履いてました(笑)そん時初めてご主人を紹介されたんですが、それがまー優しそうでカッコええ人なんですよ。夫婦は似てくるっていうのはホンマですね。
e0139312_9442921.jpg

ご夫婦とも目鼻立ちがハッキリしとるからおそらくカワイイ子なんやろな~。
今から来年の年賀状が楽しみです。
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-16 21:33

仰げば尊し

今日は卒業アルバム担当の中学校の卒業式でした。
卒業アルバムも何も不手際なく無事に納品することができ、ホッとしてます。
今日卒業する生徒達は僕が実家へ戻ってから3年間一緒やった学年です。しかも僕の母校なんで遠い後輩にあたります。
1年間お世話になった3年の先生方にご挨拶に行き、ついでに母校の卒業式を見ることにしました。卒業生の送辞でこらえきれずに涙する生徒もたくさんいました。う~ん、これぞ青春。
「生徒諸君、君らが今流している涙は本当にキレイだ!!」
また十数年ぶりに聞く母校の校歌はなんともいえない感慨深いものがあります。気がつけば口ずさんでいるし(笑)不思議なもんで覚えてるんですよね~。
e0139312_18161878.jpg

僕が卒業する生徒達に何か言葉を送るとしたら
「つまらんことで命を落とさんででほしい」ということです。
この年になって自分が若いころの悩みを思い出しても今考えたらたいしたことない悩みなんですよホンマに(笑)その頃の本人にとっては相当悩んだんでしょうけど。過ぎてしまえばなんてことないことや、ちょっとふざけた行動で親からいただいた大切な命を落とさないでほしいです。

人生なんてうまくいかんことのほうが多いんやから、そう思えば今抱えている悩みも「ま~えっか」と思えてきます。
これ僕の究極のプラス思考やと思います。
ちょっと正統派やないけど(笑)
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-12 18:17

創業70年 最終章

無事30を迎えました。
無事ってなんやねん(笑)
第5章からお休みしていた「創業70年」を30才を迎えた記念すべき日に
最終章で締めくくろうと思います。

父と母の二人三脚が始まり、やがてアケミ写真館もバブル経済に乗って忙しい日々を迎えます。
スケジュールが重なりまくった多忙な日も絶妙のコンビネーションでなんとか乗り越えていきます。
お互いが助け合い、欠けているところは補いあって忙しい日々を過ごしてきました。
僕は高校を卒業してから4年間は福岡の大学へ行き、それから5年半ほど静岡のほうへ修行に行き
およそ10年近く実家を離れていたわけです。
若さゆえに自分のことしか考えず、自分がやりたいこと、勉強したいことを
やっていったら10年になってしまいました。
両親は口には出して言いませんが、当時は早く帰ってきてほしかったんやないかなと思います。
父は前にも書きましたが大学に行かず、高卒で修行に行きました。
父は22才で家に帰ってきたのに僕は22才で修行に行くわけです。
しかもそれから5年半も。
ただ実家を離れてから帰ってくるまでの10年間は僕にとって本当に大切な10年でした。
たくさんの人に出会いがあって別れがあり、たくさん失敗して恥をかき、
悔しい思いもたくさんしてきました。
修行中にも「辛いなー、しんどいなー、イヤやなー」とか思ったときもありますが、
実家で首を長くして僕を待ってくれている両親を思うと「これじゃーいかん」と目を覚まします。
あの10年間は両親に感謝です。

実家に帰ってきてもうすぐ3度目の春が来ます。
両親と僕の三人四脚も3年目になります。
帰ってきた当初はやり方の違いでよく父と言い合いになりました。
今もありますが...それでもお互いが店のことを思って意見をぶつけてるわけですから
それでもええんかなと思うようになりました。
おかげで父と僕の間にはさまれる母ちゃんの頭にはめっきり白髪が増えてきましたが(笑)

創業70年を迎え、僕が30になり、父が還暦を迎えます。ということは創業100年を迎えると、僕が還暦を迎え、父が90才!!
どんな60になってんやろ~。
ただなんぼ年をとってもこのブログのタイトルのように
少年の心を持ち続けた人生を生きていきたいですね。
[PR]

by akemi-photo | 2008-03-11 22:45
line

アケミ写真館の3代目による自由奔放な日記


by akemi-photo
line
カレンダー