未来の女性フォトグラファー

ひょんなことから知り合うことになった学生フォトグラファー
今は写真の専門学校で写真の勉強をしています
今日は今撮影真っ最中の「monochrome」に参加するために
わざわざ大阪から来てくれました
e0139312_16431382.jpg
僕は産まれたときから写真館の環境で育ちました
期限切れのフィルムを積木代わりにしたり
壊れたカメラも僕らにとっては立派なおもちゃでした
昔は食卓の横に暗室の部屋があって
暗室でプリントされた写真が水洗されている横でみんなで食事していました
そんな感じで僕は写真と隣り合わせの生活を送ってきました
そんな環境で育った僕が写真の仕事をするのはごく自然なんでしょうが
特に写真と関わりない環境で育ってきた人が
写真の仕事をしよう!と決心するのは僕は純粋にすごいな〜、と思います
彼女もそのうちのひとりです
彼女は家が写真館でもなければ
親が写真関係の会社に勤めているわけでもありません
でも自分は写真をしようと決心した、
やはり純粋に凄いな〜、と思います
僕はそんな人に出逢うと必ず
なんで写真やろうと思ったか、いつ写真の仕事をしようと決心したか
を必ず聞きます
彼女の場合は、学生時代の学校に入っていた写真屋さんが
とても感じが良かったから、だそうです
きっと楽しく仕事しているように見えたんでしょう
写真館の仕事はいろいろと大変なことはありますが(苦笑)、
やりがいのある、誇れる仕事だと思います
彼女は来年からは僕らと同じ立場で働きます
彼女も自分が影響を受けたように
人に夢を与えるような人になれるように頑張ってほしいですね
e0139312_1642240.jpg

[PR]

by akemi-photo | 2013-08-19 16:14
line

アケミ写真館の3代目による自由奔放な日記


by akemi-photo
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30